布団丸洗いの利点

ホーム  >  布団丸洗いの利点

洗わない布団は「汚い」!この事をあなたはご存知でしたか?

布団は見た目以上に汚れている!

  • 大人が一晩寝ると、約200ccの汗を掻きます。
    汗の成分や、皮脂、フケやアカなどがしみ込んで蓄積していくと、雑菌やカビの温床となります。
  • また、フケやアカはダニの大好物。
    取り除かなければ、どんどん繁殖していきます。
3年間洗わなかった布団はこんなに汚れています!

3年以上、丸洗いしない布団は、「ダニ」が約32万匹いるという驚愕の事実!

ダニが布団に多くいる理由
  1. 人の睡眠中の汗と体温がダニの繁殖にぴったりの温度と湿度。
  2. 人のフケやアカ、ほこりやチリなど、ダニのエサが豊富。
  3. ダニは、隠れられる場所が必要で、繊維の中に潜り込める布団の中は、最適な環境。

また、最近の調査では、アレルギー性疾患の原因の約80%が、ダニ・ダニの死骸やフンと報告されています。

家の中のダニが生息する場所ワースト3

布団内のダニを放っておくと、喘息・アトピー・花粉症などの
アレルギー性疾患を増加させます!

  • ダニが原因とされるアレルギー性疾患が増えています。
    厚生労働省の調査では、現在の日本人の3人に1人が、呼吸器・皮膚・目鼻アレルギー症状があることが、明らかになりました。
  • また、小児喘息・アトピー性皮膚炎・アレルギー性鼻炎の原因となる、空気中のダニ抗原や、アレルギーの原因物質の大半が、布団の上げ下ろし時や、睡眠中の布団から出ていることが、分かってきてます。

実は効果の低い「天日干し」や「たたき」による布団ケア

  • ダニは約50℃で死滅します。
    しかし、天日干しでは表面温度でも約40℃までしか上がらずダニは、布団の中に逃げるだけなので、死滅させられません。
  • また、たたくとダニの死骸やフンが表面に浮き出て、そこに寝ると肌に付着することになります。
  • さらに花粉の季節の天日干しは、花粉を付けてしまい逆効果となります。

布団は「干す」→「丸洗い」の時代へ!

  • 現在、日本においては、気温・湿度ともに急上昇する梅雨のシーズンに、ダニが一斉に繁殖し、その後、秋~冬にかけてダニの死骸やフンが一気に増加していきます。
  • また、30年前に比べると、

    1.地球温暖化の影響。
    2.高気密・高断熱な西洋建築様式。
    3.留守がちで、換気不足の家庭が多くなっている。
    4.冷暖房の普及による、一年中室内が定温化。

    などの理由で、室内のダニの数が3倍に増えたという報告があります。
現在の住宅事情や生活スタイルでは、残念ながらダニは一年中存在します。

政府も「6ヶ月に1回以上」の布団の丸洗いをすすめています。

厚生労働省でも、旅館業における衛生等管理要領について、「布団及び枕にあっては、6ヶ月に1回以上、その汚れ等を除去するために丸洗いを行うことが望ましい。」という対応を打ち出しています。

きっちりと「ダニ」や汚れを駆除するには大量のお湯で洗い流して、
強力熱風で瞬間乾燥させるしかありません!

布団専用 特殊洗濯機で「完全な丸洗い」

布団洗い専門の「洗剤」と「仕上げ剤」を使用しています。
布団専用 特殊洗濯機は「綿切れ」の心配がなく強力な水流が連続して、中綿を通過して、布団の中のダニの死骸やフン、汗、脂肪などを溶出します。

「特殊洗剤」「特殊仕上げ剤」使用!環境に配慮し肌にやさしく、おまけに、圧倒的な洗浄力!

布団専用 強力瞬間乾燥機で「完全な乾燥」

布団専用M字型乾燥機は、約80℃の高温熱風乾燥。
中綿も約60℃となり、ダニをほぼ完全に死滅させます。
ダニの死骸やフン、ちり、ゴミ、花粉、毛なども強力熱風で吸引除去するため、布団の奥まで清潔な仕上がりです。

高い技術と最新鋭の設備を備える、当社へ是非お任せ下さい!

「ふっくら」「軽々」仕上がりに感動の声、続々!

厚さ 14cm→25cm 「ふっくら」1.8倍
重量 2.6kg→2.3kg 「300g」分のダニの死骸やフン、汗、脂肪、ちり、ゴミ、花粉、毛などの除去に成功!
サービス案内 一般衣類クリーニング 大物洗い(布団・毛布・カーペット 等)特殊洗い(着物・皮革・毛皮・鞄・靴 等) 洋服のお直し
新着情報

2019/10/11

10月12日(土)・13(日)は台風により、臨時休業及び営業時間の変更をさせていただく場合がございます。
ご迷惑をおかけいたしますが、ご理解の程お願い申し上げます。